糖尿病の治療方法

糖尿病の治療は食事療法と運動療法がメインですが、それでも血糖値がコントロールできない場合は薬で治療します。

おすすめ糖尿病治療薬ランキング

no.1

穏やかに血糖値を下げるビグアナイド薬

肝臓で党を作る働きを抑え、ブドウ糖の利用を促し血糖値を下げます。体重が増加しにくい薬です。

no.2

インスリンの効きを良くするチアゾリジン薬

脂肪や筋肉などでインスリンの効きを高め、ブドウ糖の利用を高めて血糖値を下げます。

no.3

スルフォニル尿素薬(SU薬)

空腹時の血糖値を下げるという特徴があり、経口血糖降下薬の中でも処方される頻度の高い薬です。

no.4

速効型インスリン分泌促進薬

食後の血糖値が高い人に適しており、服用後30分以内に効果があらわれるので食事をとらないと低血糖になる可能性があります。

no.5

新薬のSGLT2阻害薬

ブドウ糖再吸収を抑制し、尿からの糖分の排泄を促進します。また、体重低下が期待できます。

医者と患者

症状に合わせて処方してくれる

糖尿病を発症してしまったときは、市販薬で対応することはできないので、ドクターが処方してくれる薬を利用することになります。症状の程度によって利用するものは異なってくるので、しっかりと診察を受けて適切なものを処方してもらいましょう。なお、糖尿病を治療するための薬は服用タイプだけではなく、注射タイプのものも存在しています。自分で注射ができるようにしてくれるので、わざわざ病院を訪れて打ってもらう必要はないので安心しましょう。ちなみに、現在飲んでいる薬がある場合は、それとの飲み合わせを気にしなければいけない場合があります。もちろん、ドクターが飲み合わせも注意してくれるので、服用しているものがあるのならきちんと伝えましょう。

自分では選ぶことができない

糖尿病を治療するときの薬は基本的にはドクターが決めるものなので、自分では決めることはできません。ただし、服用したことで何かしらの悪影響が身体にでたのなら、それを伝えればほかのものに変えてくれる可能性が高いです。我慢して飲み続けていては糖尿病の症状は抑えられたとしても、違う箇所が病気になってしまう可能性があるので気をつけなければいけません。従って、まだ処方された薬が残っていたとしても、悪影響がでたのならドクターにハッキリと伝えたほうがよいです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3